風に吹かれて

明日は明日の風が吹く…漂いながら生きてます

「罪と夏」と男と女

関ジャニ∞の「罪と夏」3セット購入しました\(^o^)/

早くもオリコンチャートを独走しているようですね。ドラマやCMとのタイアップ曲がない中(バラエティから生まれた企画あり…笑)健闘しているような気がします。

このチャートもTV視聴率も、実際に視聴されている数とはかけ離れているのかもしれませんが、ひとつの指標になりますし、よい宣伝になるとは思います。

 

さてここからが本題の楽曲について。愛用しているS社音楽再生端末に「こだわりの順序」で取り込んで聴いてみた感想です。

エイトエイターOh!

丸ちゃん…笑

リサイタルオープニングが目に浮かびます。残念ながらその場に参加することは叶いませんが、ブログや映像作品の発売を楽しみにしたいと思います。

噂のオトコマエイト!

「武器になる曲」とすばるくんも言っていましたが、関ジャニ∞らしいガツガツした熱い曲でした。聞けば聞くほど味が出てきます。「ズッコケ男道」みたいにバンドスタイルで披露するのも面白いと思うのですが…いかがなものでしょうか。

歌詞もいいですね。

「男はいつでも前にしか、歩いていけない生きものさ」と見栄を切りつつ「どっちに行こうがソレが前!」と勝手なことを言う。これをリアル社会で言われた日には「なんだこの男は」ということになりますが(笑)オトコマエには許される一言です。

罪と夏

初めて音だけ聞いたとき、すぐに「派手な衣装で踊る姿」が目に浮かびましたが、それと同時に「バンドスタイルで披露して欲しいな」とも思いました。ギターの「テケテケ×4」はもちろんのこと、サビのドラム&ベースがカッコイイ!「夏フェスなんかで演奏したら盛り上がるだろうな」…バンド好きの独り言でした。

踊りながら歌うスタイルも好きです。特に最初の「来たぜ夏!」を歌うO型三人組の

絶対に目を合わせないぞ感がたまらなく好きです。

その他、見どころ聴きどころはたくさんありますが、私は大倉くんの「低音ボイス」と「シティーボーイ風フェイス」を一押しにしたいです。

特に「低音ボイス」。他のグループの楽曲をよく知らないので的外れなコメントかも知れませんが、「低音ボイス」が響く持ち歌があるグループは珍しいのではないでしょうか。「タカツキング」と共に、強力な武器になると感じました。

Do you agree?

曲自体はちょっと昔風で「素肌にオーバーオール」的なかほりが漂っていますが、過去の楽曲を今現在のスキルで演奏することに意味があるのだと思います。

特に、トランペットの音色が効果的に聴こえたのはよかったですね。

もし願いが叶うのなら、この曲や「Heavenly Psycho」のように、バンドスタイルで新録した楽曲を集めて音楽配信サイトで売り出し、多くのバンドファンにも聴いて欲しいと思うのですが…色々なしがらみがあって難しいでしょうか。

いつの日か彼らが「パイオニア」になることを、切に願っています。

バッキバキ体操 第一

これ凄く好きです。人混みをかき分けて歩くとき、ジムでベルトコンベア的なものの上を歩かされるときに、重宝しています。戦闘態勢に入れます。心も体もバッキバキになれるような錯覚に陥ります。

世界中でブームを巻き起こしている「EDM」という音楽ジャンルなんですね。桑田さんが歌う「ヨシ子さん」ではありませんが「EDMたぁ何だよ親友(この後の歌詞は書けない)」状態です。聞き覚えのある曲調なので、所謂「アルカリイオン水が水素水になって大ブーム」みたいなものなのでしょうか。

詳しい理屈はよくわかりませんが、お気に入りの一曲になりました。

The Light

曲の入りで「おや?」ってなりました。丸ちゃんのいつもより低めのボーカルが流れてきて「なるほどそうきたか」「そうすると相方はあの人しかいない」と思いました。いきなり安田くんの高音が入ってきて「うゎキー高いな」と驚いていたところ「♪The Light~」ですよ、奥さん。「これヤバイやつだ」と確信しました。

そうです。私の中ではCMで流れる炭酸系であり、深夜の高速をとばすドライブ系であり「絶対的なヤバイやつ」でした。なんなら「鉄棒で大技を決め満面の笑みで着地する姿」も思い浮かびます。タイアップいかがでしょうか。

これは「新しい挑戦」であり「可能性は∞」ですね。

 

すべての楽曲に個性があり、比較するのは難しいですが、「彼らはまた一歩前に踏み出した」と感じる満足な仕上がりでした。この「前」がどちらの方向なのかはわかりませんが、これからの活動を楽しみにしたいと思います。

 

話は変わりますが… 

何度も書いていますが、旦那は10年来の関ジャニ∞ファンです。ただし、バラエティと映画ドラマに限ります。最近は「関ジャム」の影響からか「バンドスタイルかっこいいな」なんて言っていますが。

今年の夏はこれらの曲をドライブしながら流そうと思っているのですが…

昨年末ドライブしたとき、エンドレスで「元気がでるCD」を流したところ「前向いて運転してるよ!」と若干切れ気味になってしまいました(笑)貴重なファンを失ってはなりません。あくまでさり気なく関ジャニ∞の音楽を聴かせることが、現在の最大かつ困難極まりない課題です。

 

おしまい