風に吹かれて

明日は明日の風が吹く…漂いながら生きてます

「METROCK2017」に思いを馳せる

遥か遠い昔の出来事が、鮮やかによみがえってきました。

何かに取り憑かれたように、野外ライブに参戦していたあの頃。当時の都市型野外ライブ会場といえば、日比谷野音か地元の盆踊り会場くらいしかなかったので、郊外のライブ会場にも遠征し、タオル被って飛び跳ねていました。楽しかった…。

何かに取り憑かれたように、野外で肉焼いていたあの頃。若洲公園のバーベキュー会場までママチャリで参戦したものの、はしゃぎすぎて動けなくなり、やむを得ずママチャリを置き去りにし、後日こっそりと回収しました。切なかった…。

(自宅から公園までは、普通ママチャリで移動する距離ではありませんでしたが…笑)

時は流れ結婚してからは、一転してインドア派に。音楽は日常生活のBGMとなり、肉は自宅で焼くようになりました。

でも、人生何が起こるかわかりません。もう卒業したはずの野外ライブに再び参戦したくなる日がくるなんて。思い出の若洲公園から漏れ伝わってくるフェス情報にワクワクドキドキする日がくるなんて。

 

前置きが長くなりましたが、要するに何が言いたいかというと…

野外フェス初参戦、おめでとう&ありがとう\(^o^)/

初野外フェスの様子は、朝の情報番組の映像を後追いしました。一部を垣間見ただけですが、ズッコケ男道を歩いていた彼らが「まだまだ終わらないから」と叫ぶ、素晴らしいセットリストだったようです。

殆ど練習時間が取れなかったようですし、途中アクシデントもあったようですが、それでも動じず、最後まで魅せてくれるのは「アイドル」の底力。歌って踊って笑って泣いて、5大ドームを熱狂の渦に巻き込む実力は、本物でした。

そんな私も、つい最近まで「アイドル」は苦手でした。関ジャニ∞というグループ名は知っていても、持ち歌すら知りませんでした。「ズッコケ男道」も、ファンになってから知ったくらいの浅さです。

ところが、バラエティ番組を見てファンになってから、軽い気持ちでライブDVDを購入したところ、一瞬にして渋谷さんの歌声に心を持っていかれました。「宇宙に行ったライオン」を泣き叫ぶように歌う姿と歌声は本当に衝撃的で「アイドルなのに」なんていう感想は、思いつきもしませんでした。

(最近は、リアルとファンタジーを自由に行き来する安田さんの歌声とキラキラした瞳に、心を持っていかれています…)

関ジャニ∞の音楽は、ひとりひとりの人柄やグループの背景を知ると、より一層心に響くような気がします。そして、音楽は小手先の技術だけではなく「聴き手に何かを伝えたいという想いや、それを表現する力が大切なんだな」と感じると共に「ビジュアルも大切だな」「しかも単に造形の美しさだけではなく」と、最近強く感じます。

 

一部のロックファンに受け入れられた感のある関ジャニ∞の音楽ですが、当然のことながら全ての人の心を掴んだわけではありません。

(現に音楽好きの友人たちには、未だに受け入れられていませんし…苦笑)

別にそれで構わないと思います。自分が「好きだ」と心から思えることが一番大切であり、比べたり競ったりすることではありませんし。否定的な意見も、ひとつの考え方として参考にすればいいと思っています。

(誹謗中傷は別。これは意見ではなく心の闇だと思っているのでスルーします。)

 

今までたくさんの音楽を聴いたり、ライブ参戦したりしてきましたが、ここ数年その熱が下がりつつありました。でも、再びその熱が上がってきたのは、関ジャニ∞の存在であり、関ジャムという音楽番組の影響だと言い切れます。感謝…。

4月以降は多忙だと言いながら、洋楽邦楽含め、いくつかのライブに参戦していました。今現在も、キャンセル待ちしているライブがあります。

そして、酷暑の8月には「関ジャニ’sエイターテインメント ジャム」に参戦する予定です。私のよろよろとした名義が、今年もいい仕事してくれました。

 

以上、いい年して「まだまだ終わらないから」と口ずさむブログ主の独り言でした。これからも、旦那に愛想つかされない程度に楽しもうと思っています。

ホントこれ大事(笑)

 

おしまい