風に吹かれて

★★★僕らは旅人★★★

思いを巡らせがち…

…というわけではありません。上手いタイトルが見つからなかったので、とりあえずつけてみただけです。

 

「思い」と「想い」は、意識的に使い分けています。

頭の中にあるのが「思い」、心の中にあるのが「想い」。もっと踏み込んだ解釈もありそうですが、広さや深さを加味して、私なりの解釈で使っています。

(聞くと聴くの使い分けもそうかもしれない…)

好き勝手につらつらと書いている趣味のブログなので、注意深く厳密に使い分けているわけではありません。

でも「念う」とか「憶う」とかを使いだしたら、いよいよだわ…と生暖かく見守っていただければ幸いです(笑)

 

今日は名古屋初日。私はネタバレを全力で踏んでいくタイプなので、ツアー初日である札幌の様子も感想も、読んでいます。

私が行くのは、なぜか間が空いている東京のみ。そこまでネタバレを踏まないというのは、苦行すぎるというのもありますが。

 

同じ祭りをみても、感想は人それぞれ。

例えば、メンバーからのメッセージを聞いて安心する人もいれば、どんな前向きな言葉を聞いても不安がぬぐえない人もいます。

もうね…不安な人は、一度自分のフィルターを掃除した方がいいと思う。よい洗剤たくさんあるから…あれ?これはエアコンの話か。

それでも不安ならば、不安ごと痛みごと抱えていくしかないと思う。よい痛み止めたくさんあるから…あれ?これも違う。

心の不具合を調整するのは難しい。その前に「不具合」だと認識することが、家電や体の不具合よりも難しい。

どうしたものかね。

 

元号が変わると同時に「潮目が変わった」ように感じました。これは「直感」。天敵だった元上司に言ったら鼻で笑われるような感覚です。

でも、長く仕事をしていていると、忘れてしまいそうになるこの感覚を、これからはより大切にしたいと強く思っています。

昔は「野生の勘だけで生きてるな」と、よく褒められていたんですがね(笑)

 

この感覚は、難しい本を読んだり、凄い仕事をするのではなく、ほんの些細な日常の出来事で養えるような気がします。

ネットには転がっていない肌感覚。

「忖度」とか「闇営業」とか、わかったような一言で纏められないような現場感覚。

ヤスくんと一緒にお散歩したら生まれてくるかもしれない感性。

 

はい…話が飛びまくっています。

梅雨明けしていないのに、暑いからです。

全ては、なにかと便利な気候のせい(笑)

 

おしまい