読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれて

明日は明日の風が吹く…漂いながら生きてます

クロニクル1105「真実堂書店③」

友人がFBにアップした写真の背景に「サタデープラス」の映像が映り込んでいたことに気を良くして「いいね♡」を全力で押しておきました。「こじるりちゃんが掌を見せている」シーンではありましたが…嬉しい限りです。

 

さて…本日のクロニクル。5冊の書籍の中から「本物の3冊」を見抜く(店員ふたりが作った偽物2冊を見抜くともいう)「真実堂書店」についての感想です。軽妙な会話や、ディスり合いが面白くて、個人的にはツボにはまった企画です。

(ネタバレしてますので、ご注意ください。)

 

今回の書籍ラインナップは…
  1. まずはドジな話をしなさい(梶原しげる 著)
  2. 料理ができる男は無敵である(福本陽子 著)
  3. 世界中がコンビニのアレなら、争いは起きない。(すばるくん 作)
  4. 夏目漱石の鼻毛から学ぶこと(丸ちゃん 作)
  5. あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。(ひすいこたろう 著)

前回までの反省を生かし、切れ味鋭い「村上&大倉コンビ」の傾向を研究してきた店員ふたり…というか多分スタッフさん。

 

ゲスト押切もえさんが「1」が本物だと見抜きますが、逆をついて…

「丸ちゃん作」を選んでしまった大倉くん

「すばるくん作」を選んでしまった村上くん

笑顔がぎこちなかった店員ふたりが満面の笑み…してやったりの結果でした。

(すばるくん&丸ちゃんが本気出したら、最強です…笑)

今回の「本物」は、比較的最近出版された書籍だったので、新刊チェックをマメにしている人にとっては、わかりやすかったかもしれません。

そういう私は、「本物」の書籍名を見かけたことがあるような気がしつつも、単純に「アレ」と「鼻毛」に反応し、「逆の逆をついて元通り」みたいな感じで、「本物」ではなく「偽物」を見抜くことができました。

ひとりで、違うゲームを楽しんでいる感じです(笑)

 

今回の見どころは、丸ちゃんの勝ち誇ったような…

「おおくら、どやった~?♪~(●ε●)」

ですね。いきなりドッジの

「りょう…りょう…」

に続く、丸ちゃんの嬉しそうな笑顔と、いつもと立場が逆転してしまった大倉くんの困り顔が印象的でした。

(すぐに、形勢逆転するような気もしますが…)

 

少し気になったのは、メンバーをよく知るファンには面白くても、ファン以外の方々には、置き去り感を持たれてしまいそうなところでしょうか。今日のゲストさんも、若干そんな雰囲気が漂っていたような気がします。

そういう意味では「クロニクル ザ・ベストテン」の方が、ファン以外の多くの視聴者に、わかりやすく楽しんでもらえるのかもしれません。

特に「渋柳徹子」さん(ついでにコンビニのアレ)については、小一時間ほど語りたいのですが…時間がないのでやめておきます。

 

最後に…

以前話題になっていた、フジテレビ番組審議会の議題に「クロニクル」が上がっていた件について少々。「BPO審議入り」したわけではないのですが、「議事録概要一覧」を見ると、なかなかの番組が審議されていることがわかります。

なぜ今、議題に上がったのかはよくわかりませんが…制作サイドの「力の入れ具合」が伝わってくるコメントが印象に残りました。ご参考まで。

来週は「英会話伝言ゲーム」ですね。私の周りでは「いきなりドッジ」に次ぐ人気を誇る企画です。村上くんの爆発力と、錦戸くんの(# ゚Д゚)が楽しみです(笑)

 

おしまい