読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれて

明日は明日の風が吹く…漂いながら生きてます

特番からMV&happy birthday!

zasshi.news.yahoo.co.jp

偶然この記事を発見。関ジャニ∞の活躍ぶりについて書かれていましたので、貼っておきます。

 

私は、特定のアーティストだけを追い続けることは殆どなく、新しくて珍しくてビックリするような人に、その時々の気分で飛びつくという、なんとも落ち着きのない人間です。それでも一度好きになると息が長いようで。その全てに共通しているのは「振り幅が広い」「掘り下げが深い」人や物だと、最近やっと気づきました。

そんな「広くて実は深かった」最近の出来事について、触れておきたいと思います。

 

MUSIC STATION ウルトラフェス 30th

事前に発表されていた曲名、丸ちゃんのコメント、当日の衣装&すばるくんの髪形で、おおよその見当はつきましたが…なるほど…デビュー時を思い起こさせるこだわりの衣装は、早替えに適していたわけですね。

テニス&柔道着で「torn」のビジュアルを守りつつも、他のメンバーは全員ボディラインが出るパッツパツな衣装を選択。それ以外にも選択の余地はあっただろうに…と思いながらも、錦戸くんの笑顔を見て思わず微笑んでしまう、激甘ファンひとり。

丸ちゃんが静かだったのは、バランスをとっていたのかな…なんて深読みしたり、突き抜けていた安田くんがMVPなのかな…なんて思いながら、楽しんでいました。

関ジャニ∞の前後に出演された方々の心中やいかに…ではありますが…笑)

「パノラマ」ミュージックビデオ初解禁

モンハンをプレイしたことはありませんが、同じ世界観で長くシリーズ化されている某RPGが大好きで、新作が発売されるたびに購入し、せっせとプレイしています。

(寝食を忘れてプレイしてしまうので、購入のタイミングは慎重に検討しますが…)

ゲームといえば、魅力的なキャラクターや派手なアクションに目が行きがちですが、私は「未知の世界を旅する」ことに楽しみを見出すことが多いので「背景ビジュアル」の良し悪しは、とても重要なポイントになります。

初解禁となったMVの背景ビジュアルは、関ジャニ∞初のフルCG。この世界観を、魅力的なキャラクター(メンバー)たちが、派手なアクション(ダンス)で駆け巡るという、ワクワクドキドキが止まらない仕上がりになっている予感が…。

メイキングも含め、フルバージョンで視聴できる日を、楽しみにしたいと思います。

 

最後になりましたが…

渋谷すばるさま、お誕生日おめでとうございます!

(あわせて、関ジャニ∞全国デビュー記念日おめでとうございます…)

関ジャニ∞ファン歴1年、ブログを始めて約3カ月の新参者ですが、ファンになってから、いくつか思い出したことがあります。

ちょっと衣装のサイズがあっていない、小さくて細くて目がギラギラしていた「西のすばる」くんの姿を「生まれも育ちも東だけど、私のルーツは西だな」なんて思いながら、東京ドーム巨人阪神戦で阪神を応援するような気持ちで見ていたこと。

関ジャニ∞好きの旦那が見ていたバラエティ番組を横目で見ながら「生まれも育ちも…以下略」「この人…西のすばるくんだよね」「ちょっとご機嫌斜めなのかしら」「でも切れ味鋭いな」なんて思いながら見ていたことも。

それ以外にも、断片的ではありますが、その時々の姿をおぼろげながら覚えていて…無意識のうちに、ずっと気になっていたみたいです(笑)

(顔とフルネームが一致していたのは、すばるくんだけでした…💦)

そして「いきなりドッジ」でようやく全員の名前と顔が一致し、メンバー全員が好きになり、その流れで当時一番新しかったDVD「関ジャニズム」を購入。すばるくんの歌声に衝撃を受け、一気に「関ジャニ∞の沼」に落ち、現在に至っています。

先日放送されていたジャニ勉で、すばるくんが「俺たちはダメなやつらの集まりだから、厳しい世界に身を置いて戦い続けなくてはいけないんだ」と、村上くんに語りかけていました。「地に足がついているな」と思ったのと同時に、一緒にいた村上くんのこそばゆそうな表情が、凄く印象に残っています。

要するに、こんな何気ないシーンも気になってしまうわけです。

ブログ登場回数が一番多いであろうすばるくんを、これからも無意識のうちに、気にかけていくかもしれません。私にとっては、なんとも魅力的なキャラクターです。

 

色々と思い出すのが遅いうえに、かなり気持ち悪いメッセージになってしまいましたが…縦横無尽の活躍ができる1年でありますよう、心から祈っています。

 

おしまい