読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に吹かれて

明日は明日の風が吹く…漂いながら生きてます

いきなりわたくしごと

クロニクルSP、全国放送おめでとうございます。ここで感想を一言。

すばるくんスペシャルだった…

 「クロニクル」でファンになり「関ジャム」で演奏スキルが高いことを知り「ライブ映像」で完全にはまった新参者です。あまり表には出てきませんが、こういう人は多いのではないでしょうか。

実は、旦那が10年来の関ジャニ∞ファンです。その昔、ひな壇に座ったメンバーがゲストとトークしている番組を見ながら「横山面白い!」と言っていたのを、薄らと覚えています。

その頃の私は、彼らに全く興味がありませんでした。「色白の人よく喋るな」とか「八重歯でロン毛の人声大きいな」とか「小さい人機嫌が悪いのだろうか」とか思いながら、横目で見ていたくらいです。他のメンバーは…ごめんなさい…記憶に残っていません。

そんな私が、ブログを書くまで勢いづいたきっかけは「いきなりドッジ」でした。それも、丸ちゃんがこぼれ球を拾って満面の笑みを浮かべた、まさにその「瞬間」です。その時の感想を一言。

なんか懐かしい感じ…

昔クラスに必ずひとりくらいはいました。お調子者で、人懐っこくて、誰からも好かれる人気者の男子が。そんな懐かしさとともに、なぜか別の「何か」を感じていました。今振り返ってみると、そのギャップに惹かれたのかもしれません。

「いきなりドッジ」で丸ちゃんファンになりましたが、まだ関ジャニ∞というグループにはそれほど思い入れはありませんでした。でも気になっていたのでしょう。某大手通販サイトで栄養ドリンクを箱買いするついでに「関ジャニズムLIVE」をポチッとしてました。「あれっ…押しちゃった」くらいの軽さです。

これが全ての始まりでした。すばるくんの叫びにも似た、それでいて優しい歌声に衝撃を受けたのです。特に「Masterpiece」で後方からセンターに現れ歌うシーンは、私の中にある「何か」のスイッチを押してしまったようです。

それから殆どのCD&DVD(BD)を買い揃え、今日に至っています。

元々ライブが好きで、ジャンルを問わず参戦しています。音楽ライブに絞ると、ソロ活動をしている人よりは、バンド形式のグループが好きです。そしてだいたいは気になるひとりを目で追い続けています。

でも関ジャニ∞って不思議なグループです。知れば知るほど、全員のファンになってしまうのですから。

とはいえ「光と闇」がわかりやすく表に出てくる丸ちゃんを、ちょっと贔屓しています。これが素なのか、自己プロデュースなのかはわかりませんが、いずれにしても罪な男だと思います(笑)

明日から遂に「マクベス」が始まりますね。以前シェイクスピアの舞台を鑑賞して、あまりの重さに頭を抱えてから、この方の作品は二度と見ない…と決意してしまったので、残念ながら丸ちゃんの熱演を目にすることはできません(それ以前にチケットとれなかったとは思いますが)

あの重みをどのように表現するのか…台詞はちゃんと頭に入っているのか…32歳のプロに対してする心配ではありませんが、そう思わせてしまう丸ちゃんは、やっぱり罪な男です。

来週の「ZIP」で紹介されるようなので、とりあえずそちらを見て雰囲気を楽しみたいと思います。もしかしたら、また衝動的に当日券専用ダイヤルあたりをポチっとしているかもしれません。繋がらないとは思いますが…さてどうなることやら。

おしまい